サザエ

サザエ
list_allseason

ぐつぐつジュワ~!網の上の美味しい饗宴

比較的水深の浅い岩礁に生息するサザエ。黒潮が流れる日本列島の太平洋側では九州から千葉県辺りまで、さらに対馬暖流が流れる東シナ海側では九州から新潟 県辺りにまで分布しています。平戸沖で獲れる大粒のサザエは、獲れたてを刺身にしても壺焼きにしても絶品で、生の刺身でコリッコリの食感を味わうも良し、網でぐつぐつジュワ~と焼くも良し、クセになりそうなほのかな甘みと苦みの中にも、濃厚な磯の香りが鼻を抜けます。

声
voicephoto_sazae

舘浦漁協 海士漁部会
黒田 光範さん

「1本釣り漁も行っていますが、素潜り漁を主にしています。岩場に隠れているサザエを冷静に岩と区別して獲ることが肝心です。昔の海は、アラメなどの海藻が豊富で、生月島の沿岸で多く獲れていました。近年は、磯焼けで海藻も少なくなり獲れにくくなっているように感じます。そのことから、馴染み深いサザエですが、今では貴重なものとなっていると実感しています。」

夏場には、舘浦地区の磯場で素潜り漁を営んでいる。漁期末には海士部会で磯やけを助長するガンガゼの駆除活動も行っている。

voicephoto3_sazae

▲左:舘浦漁協で共同で出荷作業をする海士部会のメンバーのみなさん。
▲中:生月沿岸の水深6~7mのところを1分間ほど潜り、岩場を慎重に見ながらアワビやサザエを獲る。
▲右:獲れたてのサザエ。豊富なエサを食べて大きくて身が肥えている。

戻る