ヒラメ

ヒラメ
list_winter

平戸と言えばやっぱりコレ!

平戸市最南端の志々伎地区は、日本有数の天然ヒラメの水揚げ高を誇ります。五島灘の荒波にもまれ、コリッコリッと身の締まった品のよい白身が特徴です。中 でも1キロサイズ以上のものは「平戸ひらめおがみ」としてブランド認定され、市内の飲食店やホテル・旅館で開催される「平戸ひらめ祭り」などを通じ、着実 にファンを増やしています。刺身の場合、ポン酢醤油と浅葱・紅葉卸しで食べるとヒラメ特有の旨みや甘みを消さずに美味しく堪能でき、とりわけ縁側と呼ばれる部位は歯ごたえのある締まった身にほどよい脂を含み、刺身はもちろん椀物にするとコクのある味が楽しめます。

声
voicephoto_hirame

志々伎漁協 参事
後藤 正喜さん

「志々伎で獲れた正真正銘の天然ひらめです。天然ひらめは大変貴重で、獲れたてが味わえるのは地元ならではの特権です。旬のひらめは身がギュッとして脂が のり、上品な甘さとモッチリとした食感が一度食べたら忘れられない味となることでしょう。平戸自慢の天然ひらめを是非、ご堪能ください。」

日本有数の天然ヒラメの水揚げを誇る志々伎地区の漁協参事として、市内の店舗に設置されている”平戸ひらめおがみ”の看板文字を自筆で書くなど、平戸ヒラメの販売促進に取り組んでいる。

voicephoto3_hirame

▲左:志々伎漁港のみなさん。一本釣り漁師がヒラメとの格闘を終え、志々伎漁港へ寄港し、満面の笑みでの水揚げが終了。

戻る