じゃがいも

じゃがいも
list_winter

赤土を活かしたじゃがいもはビタミンCも豊富

長崎県は地域特有の長い海岸線と温暖な気候を利用し、4~6月に収穫を行う春作と、12~1月に収穫を行う秋作の2期作栽培が行われています。平戸では、 赤土という土壌条件を活かし、春作ではメークイン、秋作はデジマ、ニシユタカなどの丸じゃがを青果用として栽培するほか、種いもとして利用される種用の じゃがいも栽培しています。じゃがいもは、ビタミンC、カリウム、食物繊維を豊富に含んでいます。煮物、蒸し物の他、サラダ、スープ、フライなど幅広い料 理に適し、家庭でもおいしく食べられます。

声
voicephoto_imo

JAながさき西海
平戸地区青果馬鈴薯部会
山下 忠平さん

「じゃがいもは、土づくりが命。平戸特有の赤土でじっくり育ったじゃがいもは、市場でも高い評価を受けています。煮くずれしにくく、味も見た目も一級品です。平戸のじゃがいものすばらしさをのみなさんにも知ってもらいたいと思います。」

海が見える温暖な環境のもと、自慢のじゃがいもや米を栽培するほか、繁殖牛の飼育を行っている。

voicephoto3_imo

▲左・中:「紺や亭」の谷川シェフが創作した、馬鈴薯づくしのフルコース。
▲右:市内で収穫されたじゃがいもは、手作業で丁寧に選別され、福岡・広島の市場を中心に出荷されている。

戻る